採用率激高!チャットレディの面接は超楽勝だって本当?

初心者

採用率激高!チャットレディの面接は超楽勝だって本当?

投稿日:2020年4月7日 更新日:

チャットレディの面接はめちゃくちゃ楽って本当?

代理店や事務所に登録してチャットレディをしたいのなら、まずは面接を受ける必要があります。面接に合格することで、その店舗で働くことができます。

「面接の雰囲気が苦手」「こういう仕事内容だからこそ面接が不安」という人も多いでしょう。しかし、チャットレディの面接は拍子抜けするほど簡単なものです。ゆるい雰囲気で行われるので、最初は緊張していても徐々にその気持ちも薄れていくでしょう。

また、採用率も高いので、新社会人のような面接の練習なども必要ありません。滅多なことがなければ落ちないのがこの仕事なのです。

この記事では、そんなチャットレディの面接について解説していくので、是非チェックしてみて下さい。

目次
  1. チャットレディの面接は普通の仕事のものとは全く違う
  2. チャットレディの面接はどういうことをするの?
  3. チャットレディの面接で落ちるのはこういう人
  4. チャットレディで稼ぎたいならまずは代理店の面接を受けよう

チャットレディの面接は普通の仕事のものとは全く違う

面接と聞くと、「やりたくないもの」「どこか怖いもの」というイメージを持つ人も多いと思います。普通の仕事の面接だとそのイメージが当てはまりますが、チャットレディの面接はそこからかけ離れたものになります。

普通の仕事の面接とは大きく違い、堅苦しい雰囲気で行われるものではありません。緊張する必要もありませんし、気負う必要もないでしょう。チャットレディの面接は楽な気持ちで受けても全く問題ありません。

チャットレディの面接は採用率が激高

そもそも、代理店や事務所は多くのチャットレディを求めています。チャットレディの数が足りていないところがほとんどなので、面接を受ければほぼ採用されます。採用率は95%以上とも言われており、落ちることのほうが珍しいのです。

対象年齢に満たした女性が普通に面接場所に行き、普通に会話ができればその場で採用をもらうことができます。「逆にどういう人が落ちるの?」と考えてしまうほど、難易度が低いのがチャットレディの面接なのです。

面接は私服で行っても問題ない

普通の仕事の面接では服装も見られますが、チャットレディの面接では一切見られません。どんな服装で行っても構いません。

だからこそ、「友達と遊んだ帰りに面接を受ける」ということも可能です。わざわざ堅苦しい服装で行かなくてもいいというのは、気持ちの面でも楽になるでしょう。

履歴書もいらない

チャットレディの面接では、学歴や職歴で採用の判断をすることはありません。どんな学歴でもいいですし、過去にどんな仕事をしていても問題ないのです。

そのため、履歴書も求められません。履歴書を作るというのは、少しばかり手間がかかるものです。これを省けるというのは、面接に行くハードルがかなり低くなります。

チャットレディの面接は、身分証を持っていればその他のものは一切必要ありません。お財布に身分証明書を入れておけば、後は手ぶらで構わないのです。

面接場所の指定もできる

チャットレディの面接は、基本的にその代理店や事務所で行われるものです。しかし、希望があるのなら面接場所を指定することもできます。

代理店や事務所の場所が遠い場合は、自宅近くのカフェなどを指定してもいいでしょう。「地元は人に見られるから、ちょっと離れた場所がいい」という要望にも応えることができます。

また、代理店や事務所に面接に行くのなら、そこまでの交通費を払ってくれるところもあります。普通の仕事では、交通費が出ることはほとんどありません。しかし、チャットレディは、人手不足なので交通費を支払ってでも人を集めたがるところが多くなっています。

チャットレディの面接はどういうことをするの?

こういう仕事だからこそ、チャットレディの面接に不安を感じている人も多いと思います。「風俗の面接のように変な研修をさせられるんじゃないか?」と感じる女性もいるでしょう。

そんな人のために、ここでは「チャットレディの面接ではどういうことをするのか?」という部分を詳しく説明していきたいと思います。

まずは年齢確認をする

採用率が激高なチャットレディの面接。ほぼ誰でも採用されるのになぜ行うのでしょうか。

チャットレディの面接の最大の目的は、その人の年齢確認です。この仕事は誰でもできるものではありません。18歳未満の女性はこの仕事をすることはできないのです。

面接では、まずこの年齢確認を行います。面接を受けるのなら身分を証明できるものを絶対に忘れないようにして下さい。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

などの、顔写真が付いている身分証明証を求める代理店や事務所が多いです。顔写真がわからないと、他人の身分証を自分のものだと偽装するような人がいるので、受け付けていないところもあります。

この身分を証明できるものを忘れてしまうと不採用になってしまうことがあるので、絶対に持っていくようにして下さい。

この仕事の説明を受けることになる

年齢確認と本人確認ができたのなら採用をもらえます。チャットレディの面接は、その場で採用を言い渡されることがほとんどです。

その後は、担当者からこの仕事の説明を受ける時間になります。「どういう仕事なのか?」「給料や報酬はどのように決められるのか?」という話がメインで、10~20分程度で終わるでしょう。

女性スタッフがいる代理店や事務所なら、気を使って男性ではなく女性がお話をしてくれることもあります。

どれだけ働きたいかをここで話すことになる

面接では、こちらの要望を聞かれることもあります。「どれくらい収入が欲しいか?」「何時から何時まで働けるか?」ということを質問されることもあるので、これに対する答えは用意しておくようにして下さい。

他になにか質問があるのなら、空いた時間を使ってすることもできます。こういう仕事だからこそ、わからないことだらけだと思います。わからないことをそのままにしておくと、働き始めたときに戸惑うこともあるでしょう。

少しでも気になることがあるのなら、遠慮せずに聞くようにして下さい。

ゆるい雰囲気なので緊張する必要一切なし!

ここでは、「チャットレディの面接ではどういうことをするのか?」という部分を解説していきました。基本的に、この流れで面接が進められることがほとんどです。

この一連の流れは、かなりゆるい雰囲気で行われます。かしこまる必要もないですし、変に緊張する必要もありません。こちらもゆるく対応したからといって、不採用になることもないでしょう。

気楽に受けられるのがチャットレディの面接の最大の特徴なのです。

チャットレディの面接で落ちるのはこういう人

ほぼ採用される印象のチャットレディの面接ですが、中には落とされる人もいます。どういう人が落とされるのでしょうか。ここでは、チャットレディの面接で落とされる人について解説していきます。

対象年齢に満たない人

先程も紹介した通り、チャットレディは18歳以上しか働けません。この18歳に満たない人は落とされてしまいます。また、高校生も働けないので、この場合も不採用になってしまうでしょう。

さらに、その代理店や事務所によって、対象年齢というのが定められている場合があります。若い女性を集めたいところなら「18~30歳まで」というように、年齢の制限があるので、これに満たない場合も不採用になってしまいます。

身分証明証を持ってない人

チャットレディの面接は、年齢確認と本人確認をメインで行います。だからこそ、身分証明証を忘れてしまうと、それだけで不採用になってしまうでしょう。

公式サイトの求人ページに、「どんな身分証を持っていけばいいのか?」というのが記載されているので、これに適したものを持っていくようにして下さい。

対象年齢の範囲内で身分証を持っていれば、基本的には受かるものです。絶対にこれだけは忘れないようにして下さい。

チャットレディで稼ぎたいならまずは代理店の面接を受けよう

札幌でチャットレディとして稼ぎたいなら、チャットレディAlice札幌という代理店がおすすめです。こちらの代理店では、経験の有無を問わず誰でも稼げるようにと、稼ぐための研修を行っています。

「稼ぐためにはどういうことが大事なのか?」「稼げるチャットレディの働き方」などを知れるので、他でチャットレディとして働くよりも、収入を何倍にも増やせるでしょう。

また、通勤でも在宅でも稼げますし、アダルトチャットを無理に強要されることもありません。無理せず自分のペースで働けるのも、こちらの代理店の特徴になっています。

他にも、パソコンやWebカメラの使い方を学べたり、経費や税金の部分についての疑問を解決できる環境を整えてくれています。チャットレディをするのなら、是非チャットレディAlice札幌の面接を受けてみて下さい。

札幌のチャットレディならアリス

-初心者

Copyright© 【札幌のチャットレディ求人ランキング】ハルカが選んだ人気TOP10 , 2022 All Rights Reserved.