チャットレディは年金支払いする必要あり?関係を詳しく解説

働き方

チャットレディは年金支払いする必要あり?関係を詳しく解説

投稿日:2022年11月24日 更新日:

チャットレディも年金を払おう!メリットデメリットや厚生年金への加入方法も解説

チャットレディのように雇用ではなく業務委託で働く人は、給料から年金などの社会保険料を予め引かれるということがありません。こういった場合、年金を支払う必要があるのかという疑問が出てくることもあるでしょう。

年金については様々な噂や情報が飛び交っており、「若い世代は年金がもらえなくなるから払えば払っただけ損をする」「正直払いたくない」といった思いもあるかもしれません。

実際問題、チャットレディは年金を支払う必要があるのでしょうか。年金を支払うことのメリットや支払わないことのデメリット、国民年金と厚生年金の違いなど詳しくご紹介していきます。

目次
  1. チャットレディでも年金は支払い必須!メリットについてもご紹介
  2. チャットレディが年金未納になると起こること!年金支払いが難しい場合の対処法もご紹介
  3. チャットレディでも厚生年金に加入できる?国民年金との違いも解説
  4. チャットレディも年金を支払おう!Alice札幌で安心サポートも受けられる

チャットレディでも年金は支払い必須!メリットについてもご紹介

年金は国民であれば、一定の年齢を過ぎると支払う義務があります。そのため、チャットレディのような業務委託の仕事の人でも、免除されていない場合は年金を支払っています。

国民年金または厚生年金の種類があり、日本の社会保険制度として成り立っています。年金を支払うことによって自分にとってのメリットとなることがたくさんあるのです。

どんなメリットがあるのかご紹介していきましょう。

将来年金がもらえるようになる

今支払っている年金は現在年金を受け取っている高齢者に充てられていますが、将来自分が受け取るときも若い世代が支払っている年金が自分に充てられることになります。

歳を重ねて働くのが大変になると、定年を迎えます。生涯働き続ける人もいますが、定年退職を行ったのちにゆっくり過ごすという人も多いでしょう。その生活を送るために国が年金を支払ってくれるのです。

その時の若い世代が支払っている年金が関わってくるとはいっても、今まで自分が支払った年金の金額によって受け取ることのできる年金額も変わります。
そのためより多く年金を支払っていた人ほど、老後の年金が多いのです。

老後仕事がなくなってから国から年金を受け取れるか受け取れないかは、かなり大きな差となってくるでしょう。

遺族年金や障害年金も受け取ることができる

意外と知られていませんが、年金は老後の年金だけではありません。年金を支払っていた人が亡くなると、その遺族が遺族年金を受け取ることができます。

自分が受け取れる受け取れないだけで考えるとあまり真剣に考えられないかもしれませんが、もしも子供のいる母親だったらそれがどんなに大きなことかわかるかもしれません。

例えば18歳未満の子供3人育てている母親だった場合、基本額78万円に第一子と第二子加算が22万円ずつで、第三子加算7万円で合計130万円が、第一子が18歳になるまで毎年受け取ることができるという内容にになります。年間130万円で子供を育てるということは到底できませんが、このお金があると無いのでは全く違いますよね。

また障害年金も、事故や病気などで障害を負ってしまって働けなくなってしまった場合に年金を受け取ることができるのです。こういった万が一を保証してくれる年金制度なので、自分の為にも家族の為にも加入したほうが絶対にいいでしょう。

収入から差し引けるから所得が下がる

チャットレディのように会社から雇用されているわけではない業務委託の場合、自分で所得(報酬)を計算し確定申告を行って税金を納めるという作業を毎年しなければいけません。

所得によって納める所得税や住民税などの税金の金額が変わるので、たくさん稼げば稼ぐほど納税金額は上がります。それは仕方のないことなのですが、控除される金額を上げることによって納める税金を少なくすることが可能なのです。

様々な経費計上もそうですが、年金のような社会保険料も収入から差し引いていい金額になります。一年間で支払った年金額は収入から差し引くことができるので、その分所得額が下がります。

年金だけではなく、国民健康保険や生命保険、雇用保険の支払いも控除の対象です。全員が受けられる基礎控除の他に、チャットレディのような事業を行っている人が受けられる青色申告特別控除などもあります。青色申告特別控除は事業所得として青色申告を行っている人が受けられる控除です。

雑所得として白色申告をする場合と青色申告する場合では、控除される金額も大きく違ってきます。確定申告書の書き方や帳簿の付け方が青色申告のほうが複雑ですが、支払う税金はより少ないほうがいいでしょう。

また、配偶者控除など様々な控除がたくさんあります。年金を含めた控除に関することの基礎知識を身に着けていってみてください。

チャットレディが年金未納になると起こること!年金支払いが難しい場合の対処法もご紹介

年金を支払うことでメリットが出てくることがわかりましたが、チャットレディのように高収入を稼げる仕事であれば年金を支払わなくても貯蓄を増やせばいいのではないかと思ってしまう人もいるかもしれません。

もちろん貯蓄を増やすことは老後の備えになりますし、年金暮らしよりも快適な生活を送ることができるでしょう。貯蓄だけではなく、積立NISAやiDeCoなど老後の資金を増やす方法はたくさんあります。

しかし、年金を払うのは国民の義務なので支払わないという選択肢はほぼありません。20歳から60歳までの日本国民は年金を納付しなければならないのです。

では、年金を支払わなかった場合どのようなデメリットが生じるのでしょうか。ご紹介していきましょう。

財産差し押さえの可能性あり

年金納付は国民に課せられた義務なので、長年滞納し続けると財産を差し押さえられてしまう可能性があります。国が義務だと言っているものなので、そのような強行突破が可能になるのです。

民間の金融機関などが差し押さえを行うとしたら裁判などが必要になりますが、年金の差し押さえは裁判所の許可も必要がないのでスピーディーに行われます。

年々、年金を納めない人への対応は厳しくなっていってるので財産の差し押さえが行われることのないように支払うべきものは支払っていきましょう。

将来年金受給ができない

年金の納付を怠っていると、当然ながら将来老齢年金や障害基礎年金、遺族基礎年金を受け取ることができません。老齢年金に関しては10年以上支払っていないと受け取る事が出来ないので、払っていない期間が長いと受け取れない可能性もあります。

年金を受け取れたとしても、年金を払っていた期間が短い人ほど受け取る年金額も少なくなります。遺族基礎年金や障害基礎年金も納付要件を満たされていなければ、受け取ることができません。

支払っていない年金がなかったかどうか、確認する癖を付けてもいいかもしれませんね。

年金の免除制度や納付猶予制度を活用しよう

年金を支払わなければいけないという義務が国民に課せられているとしても、場合によってはどうしても支払うことができないという状況の人もいるでしょう。そんな人にまで絶対に支払えというのは鬼畜すぎますよね。

そういった人のために、免除制度や納付猶予制度というものが存在します。免除制度には種類があり、「3/4免除」「1/2免除」「1/4免除」などの一部免除制度と、全額免除制度があります。

申請すれば誰でも免除になるわけではなく、どうしようもない理由があった時に申請をして計算が行われた上で免除してもらうことができます。
半分免除してもらう場合の計算は、118万円+扶養人数いや社会保険の免除額となります。免除ができますが、支払われる年金も本来の6/8程度に減ってしまうのです。

全額免除の場合は(扶養人数+1)×35万円+22万円となり、将来受け取れる金額も本来の半分に減ってしまいます。

納付猶予制度は計算方法が全額免除の場合と一緒ですが、受け取れる年金額に変動はありません。将来受け取れる金額が少なくなってしまうのは自分のためにもならないので、どうしても支払えない時のみこの制度を使うようにしましょう。

収入が減ってしまったり、失業してしまったという場合に免除を受けても、後々支払えなかったものを納付することも可能です。将来を見据えて行動してみてくださいね。

チャットレディでも厚生年金に加入できる?国民年金との違いも解説

国民年金よりも厚生年金の方が絶対に自分のためになるという話を聞いたことがある人もいるでしょう。チャットレディのように会社への雇用ではない場合、基本的に国民年金に加入することになるでしょう。

なぜ国民年金よりも厚生年金の方が良いと言われているのか、チャットレディが厚生年金に加入する方法はあるのかを解説していきます。

国民年金と厚生年金の違い

公的な年金制度にも種類があり、第一号被保険者第二号被保険者第三号保険者という三つの種類があります。

チャットレディのような個人事業主や自営業者、18歳以上の大学生などの学生、無職の人は第一号被保険者となり、国民年金に加入します。

会社員や公務員の給与所得者は第二号被保険者となり、厚生年金に加入することができます。

第二号被保険者の配偶者で扶養されている場合は、厚生年金に加入している配偶者が保険料を支払ってくれた上で国民年金に加入します。二階建て構造と呼ばれています。

どこに加入するのか働き方などによって変わってきますが、将来受け取ることのできる年金額や毎月支払う年金額も変わってきます。

国民年金の場合は毎月16,410円を全額自己負担し、将来の年金は月額約65,000円程度です。
厚生年金は月給の18.3%が保険料となりますが、半分は会社が支払ってくれます。支払いが楽なのにも関わらず、将来貰える年金は国民年金も加算されるので月額156,000円程度になります。

支払いの大変さ、将来もらえる金額を見ても厚生年金の方がいいと言われる意味が理解できるでしょう。

厚生年金に加入する方法

チャットレディが国民年金に加入しなければいけないのであれば、目先の高収入を見るのではなく将来を見て一般的な会社に勤めるべきなのかと感じている人もいるかもしれません。

実際にチャットレディとして働く人は、副業として働いている人が多くいます。そのため、一般的な会社員として働き厚生年金を支払いながら、チャットレディを副業として高収入も稼いでいるという上手な稼ぎ方をしている人が多いのです。

また、大手代理店であればチャットレディの正社員雇用を行っている会社もあるので厚生年金に加入できる場合もあります。チャットレディの仕事でも厚生年金に加入できる場合があるので、ぜひ調べてみてくださいね。

チャットレディも年金を支払おう!Alice札幌で安心サポートも受けられる

チャットレディという仕事をしていた場合でも、年金の納付は必ず必要であることが分かったと思います。年金とはどういうものなのか少し分かったつもりでも、不安はまだまだあるという人もいるかもしれません。

チャットレディAlice札幌なら、年金への不安だけではなく申告書の書き方に対する相談も乗ってくれますよ。青色申告者になったとしても、書類作成などに対して経理スタッフや顧問税理士がサポートしてくれるのもポイントです!

大手代理店なので、正社員への登用制度も充実しています。

少しでも、この求人が気になったら、事務所に面接へ行ってみてはいかがでしょうか。サイトから問い合わせすることができます。おすすめの代理店です。

札幌のチャットレディならアリス

-働き方

Copyright© 【札幌のチャットレディ求人ランキング】ハルカが選んだ人気TOP10 , 2022 All Rights Reserved.