税金

バレずに働きたい!チャットレディの住民税対策を紹介します

投稿日:

チャットレディの住民税対策を紹介します

20万以上は稼げない!?チャットレディと住民税の関係とは?

稼げる仕事として、女性から人気のチャットレディ。難しいことはせず、楽に出来る仕事として女性から認知されている仕事です。

ネットが発展するに連れて利用者が増え、チャットレディの需要もどんどん拡大しており、昔に比べて遥かに大金を稼ぐことが出来る環境が整ってきています。また、顔出しをしなくても出来るので、OLが副業でやってみたり、主婦が昼間の旦那や子供が居ない間にやってみたりと、チャットレディで働く女性は急速に増えつつあるのです。

そんなチャットレディですが、中には住民税との兼ね合いで、「稼ぎを20万円以内に抑えなければならない」と考えている人も多いようです。「稼ぎ過ぎて会社や家族にチャットレディとして働いているのがバレる」のを恐れるような人もたくさんいます。

ネットを見ていても、「チャットレディで働きたいが住民税のことで悩んでいる」という相談をしている質問者もたくさん見受けられます。相談者が多いということは、それだけチャットレディの住民税問題が複雑でわかりにくいと言えるでしょう。

今回は、そんな複雑なチャットレディと住民税について詳しく紹介したいと思います。しっかりと理解できれば、意外と簡単なことなので「チャットレディをしているが住民税についてよくわからない」と考えている人は、是非参考にしてみて下さい。

また、「チャットレディとして会社や家族にバレずに働く方法」について同時に紹介していきたいと思います。

目次
  1. なぜチャットレディが住民税でバレるの?
  2. チャットレディが住民税を払わないのは絶対ダメ!
  3. チャットレディが住民税問題をクリアするには?
  4. チャットレディの代理店は住民税の問題を解決をしてくれる

なぜチャットレディが住民税でバレるの?

なぜチャットレディが住民税でバレるの?

チャットレディは稼げる仕事だからこそ、多くの税金を納めることになります。税金というのは、収入が多ければ多いほど増えるもので、これは所得税だけではなく住民税も同じです。

もし、副業でチャットレディをしているなら、対策をしなければ住民税は本業の会社の給料から引かれてしまいます。この時に、本業の会社の経理担当に、住民税の額から副業をしているとバレることがあるのです。

また、主婦や学生がチャットレディをしている場合は、チャットレディで稼いだ税金は世帯主が支払うことになります。そうなると、税金の額が多ければ「何の仕事をしているんだ?」ということになり、チャットレディをしていることがバレてしまうこともあるのです。

チャットレディが住民税を払わないのは絶対ダメ!

チャットレディの中には、住民税の問題で働いているのがバレてしまうのを避けるため、所得を申告しないような人もいます。しかし、稼いだお金を申告しないというのは脱税行為にあたってしまうので、絶対にやめましょう。

こういった行為がバレてしまうと、後から追加で多額の税金を支払う必要も出てきます。この時に会社や家族に必ずバレてしまうので、結果的にチャットレディで働いていると知られてしまうでしょう。

さらに、チャットレディは多くの収入を得られる仕事で、その多くの収入を申告せずバレてしまうと、自分では支払えないくらいの追徴課税を課されることもあります。

高額の所得を申告しなかったり、やり方が悪質だと逮捕されてしまうケースもあるので、チャットレディで稼いだ所得は絶対に申告するようにして下さい。

チャットレディが住民税問題をクリアするには?

>チャットレディが住民税問題をクリアするには?

せっかくチャットレディは稼げる仕事なのに、住民税でバレたくないからという理由で、仕事をセーブするのはもったいないことです。稼げる仕事だからこそ思いっきり稼ぎたい人も多いでしょう。

ここでは、「チャットレディはどうすれば住民税の問題をクリア出来るのか」ということについて紹介していきたいと思います。「住民税にビクビクすることなく思う存分働きたい」と言う人は是非参考にしてみて下さい。

経費で計上出来るものはどんどんしていこう!

課税される範囲は、チャットレディで稼いだ収入の全てではなく、収入から必要経費を引いた金額のみです。これは、チャットレディの収入を雑所得で申請する場合でも同じになります。

  • 仕事で着る衣装代やメイク代
  • チャットをするためのネット通信費や電気代
  • チャットルームまで通うための交通費…など

これらがチャットレディの仕事をする上で必要経費として認められます。上記の項目を見てわかる通り、必要経費というのは仕事をする上で必要になるもののみです。

「プライベートで着る洋服代」や、「友達と一緒に行ったランチ代」などは仕事をする上で必要になるものではないので、経費に計上することは出来ません。

たまに、何でもかんでも経費に計上するような人もいますが、後からバレてしまい追加で税金を支払うことになるので、それはやめるようにして下さい。

帳簿付けや領収書が必要

チャットレディの仕事に必要なものを経費で計上するなら、その都度帳簿を付ける必要があります。「何をいくらで購入したのか?」というものをしっかり記録して残すのは義務であり、経費の漏れを防ぐことも出来ます。

この経費を証明するための領収書も必要になるので、仕事で使うものを経費で購入する時は、絶対に領収書をもらうようにしましょう。

また、通信費などを経費で計上する時は、プライベートで使っている分と仕事で使っている分の割合を出す必要があります。仕事だけではなくプライベートでも使っているなら、全額経費として計上することは難しく、割合の額のみ計上することが可能です。

仕事とプライベートで半々の割合で使っているなら、半分のみ経費として計上するのが認められています。仕事だけではなくプライベートでも使うものを経費として計上する時は、このような按分が必要になるので、注意するようにしましょう。

所得控除を利用して税金を抑える

課税対象所得を計算する時に、ほぼ全ての人が所得控除というものを受けられます。この所得控除も先程紹介した必要経費と同じく、チャットレディで稼いだ収入額から引くことが出来るもので、所得控除を利用することで、支払う税金を抑えることが可能です。

極端な話をすると、100万円稼いだ場合、経費と所得控除の合計が100万円以上あれば、税金を支払う必要がなくなるのです。税金を抑える意味でも、経費と同じくらい大事になるのが、この所得控除なのです。

  • 基礎控除
  • 基礎社会保険料控除
  • 基礎配偶者控除
  • 基礎扶養控除
  • 基礎青色申告控除…など

これらの控除が所得控除として利用可能で、これを上手く組み合わせることで、課税対象になる金額を大幅に抑えらます。

特に、確定申告を白色申告から青色申告に変えるだけで、青色申告控除を受けられるので、こちらは絶対に利用した方が良いでしょう。税務署に青色申告で申告する旨を伝える書類を提出し、収入を事業所得として申告するだけで青色申告が出来るので、是非利用してみて下さい。

控除額が増えれば増えるほど、チャットレディが支払う住民税の額も抑えられます。自分が受けられる控除を確認して、しっかりと控除を受けてみて下さい。

住民税の支払い方法を変える

住民税の徴収方法は2種類あり、会社の給与から天引きされる「特別徴収」と、自分で銀行やコンビニで納付する「普通徴収」という方法が用意されています。この支払い方法は、確定申告書の第二表でどちらかを自分で選択することが可能です。

普通徴収を選択すれば、自宅に住民税の納付書が届くので、会社の人にバレることなく住民税の納付が完了します。自分で納付することになるので、給料からの天引きもありませんし、世帯主の給料から引かれることもなくなります。

会社の給与所得や世帯主の収入から天引きされると、経理担当や家族から怪しまれてしまうので、「会社や家族にチャットレディでの勤務がバレるのが嫌だ」という人は、自分で納付する普通徴収を選ぶようにして下さい。

チャットレディの代理店は住民税の問題を解決をしてくれる

この記事では、チャットレディと住民税について解説していきました。複雑かもしれませんが、チャットレディは所得金額が多くなるからこそ、こういった税金問題をクリーンに行う必要があります。

この記事を見てもまだ税金について不安を感じている人は、チャットレディの代理店の利用がおすすめです。チャットレディの代理店を利用することで、税金についての不安を解消することが出来ます。

特にチャットレディAlice札幌なら、顧問税理士や税務について詳しいスタッフが在籍しているので、わからない部分の回答をすぐにもらえます。税金についてのどんな問題についても親身になって相談に乗ってくれ、チャットレディとして働きやすい環境を整えてくれると好評です。

また、税金の問題だけではなく「扶養内だけで働きたい」だったり、「仕事の悩みついての相談」などにも対応してくれます。チャットレディで働く女性のことを第一に考えて問題を解決してくれるのです。

チャットレディの仕事をサポートして欲しい人は、是非チャットレディAlice札幌でチャットレディとして働いてみて下さい。

札幌のチャットレディならアリス

-税金

Copyright© 【札幌のチャットレディ求人ランキング】ハルカが選んだ人気TOP8 , 2020 All Rights Reserved.