チャットレディを在宅でするのはデメリットが多いって本当?

リスク

チャットレディを在宅でするのはデメリットが多いって本当?

投稿日:

チャットレディを在宅でする場合はいくつかのデメリットがある

メールレディよりも圧倒的に稼げるチャットレディ。女性たちから人気の仕事です。

このチャットレディには在宅と通勤という、2つの働き方があります。在宅は自宅で働くもので、通勤はチャットレディ事務所などが用意するチャットルームに通勤して働くというものです。

この2つの働き方のうち、在宅については多くのリスクが存在します。これを知らずに在宅チャットレディとして働いてしまうと、大きなトラブルに巻き込まれることもあるので注意が必要です。

この記事では、そんなチャットレディを在宅で働くデメリットや、通勤に切り替えるメリットなどを紹介していきます。「在宅と通勤で悩んでいる」という人は、是非参考にしてみて下さい。

目次
  1. チャットレディを在宅でするデメリットを解説
  2. チャットレディを在宅から通勤に切り替えるメリット・デメリット
  3. チャットレディの代理店に登録して在宅のデメリットを改善しよう

チャットレディを在宅でするデメリットを解説

どちらかというと、自宅で在宅ワークとして働ける在宅チャットレディのほうが楽に仕事ができるとイメージする女性が多いと思います。確かに、通勤チャットレディよりは仕事に対する負担は減ります。

しかし、在宅で働くというのはいくつかのリスクがあるものです。ここでは、そんな在宅で働くデメリットやリスクについて解説していきます。

個人情報がバレるリスク

在宅チャットレディは、自分の部屋をウェブカメラで映すことになります。その際に、窓から外の景色が見えてしまい、住所が特定されることもあります。

また、自宅に届いた郵便物がうっかり映ってしまい、住所や名前がバレることもあるでしょう。

自宅には個人情報が特定できるものが山ほどあります。何も考えないで部屋を映していると、うっかり映ってしまうこともあるので気を付けなければなりません。

家族に働いているところを見られる

家族に内緒でチャットレディーをしているのなら、実家で在宅チャットレディとして働いてしまうと家族バレをするリスクも出てきます。働いている姿を直接見られる恐れもありますし、男性客との会話の内容を聞かれることもあります。

こういう仕事だからこそ、家族にバレてしまったのなら辞めさせられることもあるでしょう。家族バレを防ぎたい人は、在宅チャットレディではなく通勤チャットレディとして働くようにして下さい。

近所迷惑になることも

ライブチャットサイトは深夜の時間帯にお客さんが増えます。そのため、チャットレディも深夜に働くことが多くなります。

深夜に大きな声で話していると隣や近所の住民から苦情が入ることもあり、この部分も在宅チャットレディのデメリットだといえるものです。しかし、近所迷惑になるからと、ヒソヒソと小さな声で話していてはお客さんを満足させられません。

チャットレディ代理店などが用意するチャットルームで働くのなら、周りを気にせずに働くことができます。話したい話を自由にできるので、お客さんに与える満足度も高いものになるでしょう。

初期費用がかかる

チャットレディを始めるには、配信をするパソコンやウェブカメラ、通信回線などが必要になります。在宅でこの仕事を始めるのなら、これらのものは全て自分で用意しなければなりません。

全部揃えるとなるとまとまった額になってしまいます。この高額な初期費用を自分で支払わなければならないというのも、在宅チャットレディのデメリットの一つです。

日払いで給料を受取れない

給料の日払い手渡しというのは、チャットレディの魅力の一つです。通勤チャットレディの場合は、仕事が終わったらその日稼いだ報酬を現金手渡しで受け取ることができます。

しかし、在宅チャットレディは日払いで給料を受け取ることはできません。給料の受け取りは振込みとなり、即日ではなく翌日に銀行口座に入金されることになります。

在宅チャットレディとして働いてしまっては、この仕事の魅力の一つである日払い現金手渡しを受けることはできません。

孤独を感じることもある

在宅で働くというのは、完全に一人で働くことになるので気が楽なものです。しかし、人によってはこれに対して寂しさを感じる人もいます。また、競う相手がいないので働くモチベーションを維持するのが難しくなります。

通勤したからといって、誰かと一緒に働くわけではありません。しかし、別のチャットルームには同じチャットレディとして働く女性がいるので、孤独を感じることはそこまでありません。

「一人で働くのが嫌だ」「競争相手を見つけてモチベーションを維持したい」という人は、在宅ではなく通勤を選ぶことをおすすめします。

チャットレディを在宅から通勤に切り替えるメリット・デメリット

在宅はデメリットばかりということで、通勤に切り替える人もいます。在宅から通勤に切り替えるメリットとはどのような部分にあるのでしょうか。

ここでは、そんな通勤に切り替えるメリットについて解説していきます。また、通勤のデメリットも同時に紹介するので、是非こちらも参考にしてみて下さい。

初期費用が抑えられる

代理店が用意するチャットルームには、仕事に必要な道具が全て取り揃えられています。

  • 配信用のパソコン
  • 高性能なウェブカメラ
  • 高速通信環境
  • コスプレ衣装や身バレ防止のためのウィッグ
  • 盛るための照明

など、この仕事に必要なものが全て揃っているので、自分で揃える必要がありません。初期費用は0円で始められるので、手持ちが少ない人にもおすすめです。

スタッフがいる

チャットルームにはスタッフが在籍しています。このスタッフはチャットレディ業界のことを熟知しているので、仕事で報酬を多く稼ぐ方法などを学ぶこともできます。

中には、研修を行って登録しているチャットレディに対して稼ぐためのコツを教えている代理店もあるくらいです。

また、スタッフがいるので仕事中に何らかのトラブルに巻き込まれたときでも、すぐに対応してもらえます。在宅で働くとなると、自分一人でトラブルの対処をしなければなりませんが、通勤の場合はその必要はありません。

仕事に対するモチベーションを高められる

チャットルームでは、他にも何人かのチャットレディが働いています。おすすめ大手チャットレディ代理店にもなると、チャットルームにかなりの数のチャットレディがいるものです。

この他のチャットレディの存在というのは、モチベーションを保つために大変重要な存在になります。「あの人には負けたくない」「もっと上に行きたい」という気持ちを持つことができれば、自ずと収入も上がっていくものです。

移動時間や交通費がかかるのは通勤唯一のデメリット

通勤を選ぶというのは、基本的にはメリットばかりです。しかし、メリットだけではなくデメリットも存在します。それは、移動時間や交通費がかかるというものです。

在宅チャットレディは、移動時間なしですぐに始められますが、通勤チャットレディはそうはいきません。場所によっては、かなりの時間がかかってしまうこともあり、働く時間を減らすことになります。

また、交通費もそれだけかかってくるので、この部分も一つのデメリットだといえるでしょう。ただし、交通費に関しては確定申告時に経費として計上可能です。通勤すればするほど交通費も高額になります。納める税金の額を減らすことができるので、経費に忘れずに計上するようにして下さい。

チャットレディの代理店に登録して在宅のデメリットを改善しよう

チャットレディには代理店というものがあり、ここに登録することで、在宅チャットレディのいくつかのデメリットを改善することができます。

おすすめ代理店として知られるチャットレディAlice札幌では、メールでのサポートもしているので、自宅にいながらわからない点があればスタッフに相談することも可能です。また、稼ぎ方のコツなども学べるので、他の代理店で働くよりも収入を増やせるでしょう。

もちろんチャットルームも用意しているので、「やっぱり通勤がいい」という人でも安心です。こちらの代理店のチャットルームは綺麗に整えられ、仕事に必要なもの全てが取り揃えられています。通勤でも在宅でも働きやすい代理店として支持されているのです。

チャットレディAlice札幌では、他にもたくさんのサポートを用意しています。こちらの代理店が気になる人は、是非求人に応募して登録してみて下さい。

札幌のチャットレディならアリス

-リスク

Copyright© 【札幌のチャットレディ求人ランキング】ハルカが選んだ人気TOP10 , 2022 All Rights Reserved.